吉池安恵ブログ 第十一回

第十一回 異文化間カップルの直面する問題(その一)

言葉について

異文化をバックグラウンドとするパートナーと関係を結ぶ決心した人たちは、当然のことながら文化や習慣の違いがあることは知っています。自分たちの間で問題が起こるとすれば、その違いによるところが大きいのではないかと危惧し、心の備えもある程度あります。一方言葉については、現状では不十分かもしれないが、一緒に生活している間に互いに学び合うことが多く、何とかなるだろうと考えがちです。しかし、私の経験から察するに、言葉の違いは思ったより大きな問題になる可能性があると感じています。


日常生活というのは小さなことの積み重なりであり、それは言葉がどのくらい正しく相手に伝わったかと関係があります。言葉が十分でないと、いろいろなことが簡略化されます。どう伝えたらよいのか、どんな言葉が適切なのかわからないと面倒になり、まあこんなことは大したことではない。どうしても言わなければならないことではない。きっと分かるだろう。既に分かっているかもしれない。「まあ、いいか」と面倒を避けて伝えないままになることも出てきます。そうしたことが積み重なると時に大きなことになってしまいます。大きなことになってから言うと、相手はびっくりします。どうして今まで言ってくれなかった?もっと早く言ってほしかった、となじるかも知れません。そうなると、「あなたが(君が)聞こうとしなかった」と反論します。でも、実際はそうではなく、自分が言わなかったのかも知れません。自分の気持ちとしては伝えたつもりでも、はっきりと言葉で言わない限り伝わっているはずはありません。以心伝心はないのです。


また、不適切な言葉というのもあります。日本語には丁寧語、謙譲語、尊敬語がありますが、英語にはないと思い込んでいる人がいます。実は英語にも同じようにあるのです。日本人が思っているほど英語圏の人は丁寧語や尊敬語に無頓着ではありません。気分のよいとき、仲のよいときはbrokenな言葉もあまり気になりませんが、気分の悪いとき、仲がうまくいっていないときはちょっとしたことが気に障ります。

「Please do it.」「Why don’t you do it?」

これらは基本的には命令語であって、たとえpleaseを使っていても丁寧語ではありませんから要注意です。英語圏では親が子供に命令するような時に使われる言葉です。本当はどう言いたかったのでしょう。「してもらえる?」「してもらいたかったなあ」などという気持ちを伝えたかったのではないでしょうか。それならば「Could you~ 」「Would you ~」「Don’t you mind~」などの表現が適切かと思われます。縦社会の文化の日本語なら「ねえ~してよ~」と下手に出て甘えた鼻声で言うこともできますが、横社会の西洋では大人同士の場合日本ほど甘えが一般的ではありませんから、英語で甘えのニュアンスを伝えるのは難しいかも知れません。


そんな些細なことから、パートナーはあなたが自分をコントロールしようとしていると思い始めるかもせん。誰でも人にコントロールされるのは嫌です。パートナーが自分をコントロールしようとしていると思うとそうはされたくないと思い反発します。あなたはパートナーがなぜ反発するのか分かりません。自分ではコントロールしようなどという気持ちは全くないからです。

「変な人!ちょっと頼んだだけなのに。何を怒ってるの!もう頼まないから!」と腹が立ってきます。これが気持ちの行き違いです。あなたは英語がある程度できる。むしろ上手だとパートナーが思っているほど、パートナーはこの行き違いを言葉の問題ではなくあなたの性格の問題と捉えがちです。


国際カップルの場合い、相手の母国語を学ぶ姿勢は大切です。互いに上手ではないけれど努力しあうことで相手の大変さも理解出来るし、寛容にもなれます。どちらか一方の言葉でやっていく場合、それだけでは十分ではないことを互いに理解し、時には言葉の違和感を伝え合い、確かめ合い、内容をクリアにしていく努力が必要です。いずれにしても面倒と思わず、時間をかけ言葉のキャッチボールを上手に行う必要があると感じます。

閲覧数:34回

最新記事

すべて表示

諦めと自己受容 日本人は「しかたがない」「しょうがない」という言葉をよく使うと知り合いの外国人たちから何度も指摘されたことがあります。第二次世界大戦中アメリカの強制収容所に入れられた日本人が「Shikata ga nai」というフレーズを頻繁に用いていたこともよく言われています。 「仕方が無い」を国語辞典で見ると「どうすることも出来ない」「やむを得ない」「不満足ではあるが、諦めるほか無い」とありま

ブログ第十七回  幸せについて 幸せという言葉を聞いて何を連想しますか?思い浮かべることは人それぞれだと思いますが、私はメーテルリンクの「青い鳥」とドイツの詩人カール・ブッセの「山の彼方」が浮かびます。 「青い鳥」の話は余りにも有名なのでここであら筋を書くまでもないとは思いますが、チルチルとミチルという二人の兄妹が幸せの青い鳥を探しに旅をする話です。そして青い鳥は見つけても手に入れることは出来ず、

「自分の木」の下で 大江健三郎は多くの人が知るノーベル賞作家ですが、寝転がって気楽に読める作品を書く人ではありませんでした(少なくとも私には。)作者も読者も真摯に作品に向かうことを求められているような小難しさがありました。それでも、私に取っては、新しい作品が出ると読みたくなるような作家でした。 “「自分の木」の下で”はその彼が、はじめて子どもに向けて書いたエッセイ16編を集めたものです。とても分り