吉池安恵ブログ 第二回 

第二回 マリッジカウンセリング


人生80年時代と聞いて驚いていたら、最近では人生100年時代と言われるようになりました。そうなると35才で結婚したとして、夫婦で暮らす時間は60年以上ということになります。金婚式など珍しいことでは無くなってきました。


こんなにも長きに亘って喧嘩しながら、いがみ合いながら、避けながら暮らすのでは息が詰まります。人生を無駄にしているのではとさえ思います。関係を変えたい、変えなければいけないと思うのは当然です。

でも、どうしたらよいのか…どう変えたらいいのか。何と切り出したらいいのか、戸惑ってしまいます。そんな時のために実はマリッジカウンセリングが在るのです。


二人では話しづらい、何を話したらよいのか分からない、相手はどう思っているのか全く分からない…でも、人生を無駄にしたくない…楽しく暮らしたい。出来れば和気あいあいでいたい。だけど冷え切った関係をどうしたらよいのか、話し合うにも今更と言われそうだし。


そんなこんなで何も変えられないままにウジウジして時間だけが経っていく。子供が家にいる間は間ももつけれど、二人きりになったらと思うとぞっとする。じゃ、別れる?別れていい人生が待っていると分かるのなら、思い切って別れるのもよいけれど、50才になって新しい相手はいるだろうか。また一からやり直すのもたいへんだろうな。こんなことを考えていると何も進みません。時間だけが経っていきます。

そんな時にマリッジカウンセリングがあるのです。



マリッジカウンセリングというと問題のある人達がいくところという印象を持たれるかもしれません。勿論、問題を抱えた人達がその問題を解決するために相談する場所です。でも、一番大切なのは自分自身の人生について、どう生きていきたいかを考える場所でもあるのです。自分自身の人生を考えた時、配偶者との関係は大きな課題です。夫婦のあり方をどうするかは自分の人生の幸、不幸と大きく関わってきます。勇気を持って何かを変えてみましょう。先ずは、動いてみましょう。

閲覧数:98回

最新記事

すべて表示

第十四回 私の一番重かった責任 子供の頃から80才の現在に至るまで色々な責任を負って来ました。 自分の部屋を掃除する責任。母が帰るまでにお米を研いでおく責任。今考えると大した責任ではありません。でも、子供の頃は忘れないようにと何時も自分に言い聞かせていました。学校でも、与えられた委員の役割に応じた責任がありました。これも今考えると大したことではありませんでした。 社会人になってからは会社で与えられ

第十三回 あなたはお冷やご飯をどうしますか? 温かいご飯のおいしさは日本人なら誰でも知っています。イタリアンやフレンチ、西洋料理でパンに慣れきった若者でもやっぱりご飯大好きという人は多いようです。でも、炊きたての美味しいご飯は時間とともに冷めてきます。翌日には完全に冷め切っています。冷えた残りご飯をあなたはどうしますか。もう冷たくなったからと捨てますか。勿論そういう人もいるでしょう。でも、多くは無

第十二回 異文化間カップルの直面する問題(その二) 愛情表現の違い 異文化間カップルの戸惑うひとつが愛情表現の違いのようです。関係を深めていく中で経験する情熱的な言葉やセックスなどはある意味素敵です。「一生こういう関係でいたいな~」と思うかもしれません。 ところがいざ一緒になり、時がたち、子供が生まれ忙しくなってくると、日本文化の中で育った女性や男性は子供や仕事が第一になりがちです。義務を優先する