吉池安恵ブログ 第二回 

「マリッジカウンセリング」


人生80年時代と聞いて驚いていたら、最近では人生100年時代と言われるようになりました。そうなると35才で結婚したとして、夫婦で暮らす時間は60年以上ということになります。金婚式など珍しいことでは無くなってきました。


こんなにも長きに亘って喧嘩しながら、いがみ合いながら、避けながら暮らすのでは息が詰まります。人生を無駄にしているのではとさえ思います。関係を変えたい、変えなければいけないと思うのは当然です。

でも、どうしたらよいのか…どう変えたらいいのか。何と切り出したらいいのか、戸惑ってしまいます。そんな時のために実はマリッジカウンセリングが在るのです。


二人では話しづらい、何を話したらよいのか分からない、相手はどう思っているのか全く分からない…でも、人生を無駄にしたくない…楽しく暮らしたい。出来れば和気あいあいでいたい。だけど冷え切った関係をどうしたらよいのか、話し合うにも今更と言われそうだし。


そんなこんなで何も変えられないままにウジウジして時間だけが経っていく。子供が家にいる間は間ももつけれど、二人きりになったらと思うとぞっとする。じゃ、別れる?別れていい人生が待っていると分かるのなら、思い切って別れるのもよいけれど、50才になって新しい相手はいるだろうか。また一からやり直すのもたいへんだろうな。こんなことを考えていると何も進みません。時間だけが経っていきます。

そんな時にマリッジカウンセリングがあるのです。



マリッジカウンセリングというと問題のある人達がいくところという印象を持たれるかもしれません。勿論、問題を抱えた人達がその問題を解決するために相談する場所です。でも、一番大切なのは自分自身の人生について、どう生きていきたいかを考える場所でもあるのです。自分自身の人生を考えた時、配偶者との関係は大きな課題です。夫婦のあり方をどうするかは自分の人生の幸、不幸と大きく関わってきます。勇気を持って何かを変えてみましょう。先ずは、動いてみましょう。

閲覧数:83回

最新記事

すべて表示

第六回 人間関係を表すことわざ 日本語には人間関係をあらわすことわざや慣用句が多くあります。昔から人々の間で使われてきた言葉はそれなりに意味深いものがあるな~と感心させられることも多々あります。私はセッションの中で時々それらを引用しますが、今回はその内の幾つかをシェアしたいと思います。 ○ 折り合いを付ける これは、交渉事などで、互いに譲り合って双方が納得できるところを探り、解決することをいい

明けましておめでとうございます。 コロナ下の新年、みなさんはどのように過ごされましたでしょうか? 大勢で集まることも憚られ、集まっても何となく後ろめたさを伴い存分に愉しめなかったいう方もいらっしゃるかもしれません。私も、家族がバラバラに集まり、時間を気にしながらというお正月でした。心の底から、楽しかった、嬉しかったという正月ではありませんでした。それでつい楽しかった子供の頃のお正月などを想い出して

人は誰でも時々自分自身でコントロールの出来ない感情に襲われることがあります。 “腹が立ってぶん殴ってしまいたい”、“辛くて死んでしまいたい”、“あんな会社辞めてしまいたい”。大抵の人は一生の内一度や二度、そう思った事があることでしょう。でも実際にはなかなか殴れないし、死ねないし、辞められないものです。思うことと実行することの間には大きな川があり、それを飛び越えるのには余程の覚悟が要ります。 私の所