吉池安恵ブログ 第一回


「若い人もすなるブログというもの老いの身もしてみんとて」


ブログをアップしてから世界が広がったと楽しんでいる若い人たちが周りにたくさんいます。他人のブログを時々読んで、なるほどナ~などと感心していることもあります。でも、79才の自分のすることでは無いと勝手に決め込んでいました。それがブログデビューを始める気になりました。二つ理由があります。


一つは、40年以上に亘って続けてきたカウンセリングからそろそろ手を引こうかと思ったことがきっかけです。私は人間が好きで、人と本気で関わり合うことに喜びを感じてきました。それが無くなってしまったらどうなるのか予想もつきません。

勿論オンラインでカウンセリングを続けることは可能だし(現在もしています)、職場を自宅近くに移し、細々とカウンセリングを続けることも可能です(それもしました)。でも、いずれはそれらも出来なくなるかもしれない。そうなった時のために今からブログで人と関わることを始めたら?と思ったのがきっかけです。


二つ目は、私は書くことが好きで以前にシアトルのタブロイド紙に書いていたこともあります。今回、3冊目の書「マリッジ カウンセリング ブック」を2月に出版しました。書いているうちに書くことの喜びを思い出したのです。自分の好きなカウンセリングと書くこと。この二つを結びつけるのは楽しいかもしれないと思い立ったのです。


とはいえブログ新参者ですから、どういうことを書いたらよいのか全く分かりませんが、取り敢えずカウンセリングに関係することを書いてみて、もしどなたかが読んで下さって、こんなことを書いたらとご意見を頂けるかもしれない。そんなことを考えながら、先ずはデビューさせて頂きます。


つれづれなるままですので、どの程度の頻度で更新というのも決めていません。心の赴くままの年寄りのブログと思し召し頂ければ嬉しく思います。

閲覧数:84回

最新記事

すべて表示

第六回 人間関係を表すことわざ 日本語には人間関係をあらわすことわざや慣用句が多くあります。昔から人々の間で使われてきた言葉はそれなりに意味深いものがあるな~と感心させられることも多々あります。私はセッションの中で時々それらを引用しますが、今回はその内の幾つかをシェアしたいと思います。 ○ 折り合いを付ける これは、交渉事などで、互いに譲り合って双方が納得できるところを探り、解決することをいい

明けましておめでとうございます。 コロナ下の新年、みなさんはどのように過ごされましたでしょうか? 大勢で集まることも憚られ、集まっても何となく後ろめたさを伴い存分に愉しめなかったいう方もいらっしゃるかもしれません。私も、家族がバラバラに集まり、時間を気にしながらというお正月でした。心の底から、楽しかった、嬉しかったという正月ではありませんでした。それでつい楽しかった子供の頃のお正月などを想い出して

人は誰でも時々自分自身でコントロールの出来ない感情に襲われることがあります。 “腹が立ってぶん殴ってしまいたい”、“辛くて死んでしまいたい”、“あんな会社辞めてしまいたい”。大抵の人は一生の内一度や二度、そう思った事があることでしょう。でも実際にはなかなか殴れないし、死ねないし、辞められないものです。思うことと実行することの間には大きな川があり、それを飛び越えるのには余程の覚悟が要ります。 私の所