吉池安恵ブログ 第一回


第一回 若い人もすなるブログというもの老いの身もしてみんとて


ブログをアップしてから世界が広がったと楽しんでいる若い人たちが周りにたくさんいます。他人のブログを時々読んで、なるほどナ~などと感心していることもあります。でも、79才の自分のすることでは無いと勝手に決め込んでいました。それがブログデビューを始める気になりました。二つ理由があります。


一つは、40年以上に亘って続けてきたカウンセリングからそろそろ手を引こうかと思ったことがきっかけです。私は人間が好きで、人と本気で関わり合うことに喜びを感じてきました。それが無くなってしまったらどうなるのか予想もつきません。

勿論オンラインでカウンセリングを続けることは可能だし(現在もしています)、職場を自宅近くに移し、細々とカウンセリングを続けることも可能です(それもしました)。でも、いずれはそれらも出来なくなるかもしれない。そうなった時のために今からブログで人と関わることを始めたら?と思ったのがきっかけです。


二つ目は、私は書くことが好きで以前にシアトルのタブロイド紙に書いていたこともあります。今回、3冊目の書「マリッジ カウンセリング ブック」を2月に出版しました。書いているうちに書くことの喜びを思い出したのです。自分の好きなカウンセリングと書くこと。この二つを結びつけるのは楽しいかもしれないと思い立ったのです。


とはいえブログ新参者ですから、どういうことを書いたらよいのか全く分かりませんが、取り敢えずカウンセリングに関係することを書いてみて、もしどなたかが読んで下さって、こんなことを書いたらとご意見を頂けるかもしれない。そんなことを考えながら、先ずはデビューさせて頂きます。


つれづれなるままですので、どの程度の頻度で更新というのも決めていません。心の赴くままの年寄りのブログと思し召し頂ければ嬉しく思います。

閲覧数:112回

最新記事

すべて表示

第十四回 私の一番重かった責任 子供の頃から80才の現在に至るまで色々な責任を負って来ました。 自分の部屋を掃除する責任。母が帰るまでにお米を研いでおく責任。今考えると大した責任ではありません。でも、子供の頃は忘れないようにと何時も自分に言い聞かせていました。学校でも、与えられた委員の役割に応じた責任がありました。これも今考えると大したことではありませんでした。 社会人になってからは会社で与えられ

第十三回 あなたはお冷やご飯をどうしますか? 温かいご飯のおいしさは日本人なら誰でも知っています。イタリアンやフレンチ、西洋料理でパンに慣れきった若者でもやっぱりご飯大好きという人は多いようです。でも、炊きたての美味しいご飯は時間とともに冷めてきます。翌日には完全に冷め切っています。冷えた残りご飯をあなたはどうしますか。もう冷たくなったからと捨てますか。勿論そういう人もいるでしょう。でも、多くは無

第十二回 異文化間カップルの直面する問題(その二) 愛情表現の違い 異文化間カップルの戸惑うひとつが愛情表現の違いのようです。関係を深めていく中で経験する情熱的な言葉やセックスなどはある意味素敵です。「一生こういう関係でいたいな~」と思うかもしれません。 ところがいざ一緒になり、時がたち、子供が生まれ忙しくなってくると、日本文化の中で育った女性や男性は子供や仕事が第一になりがちです。義務を優先する