吉池安恵ブログ 第四回

人は誰でも時々自分自身でコントロールの出来ない感情に襲われることがあります。


“腹が立ってぶん殴ってしまいたい”、“辛くて死んでしまいたい”、“あんな会社辞めてしまいたい”。大抵の人は一生の内一度や二度、そう思った事があることでしょう。でも実際にはなかなか殴れないし、死ねないし、辞められないものです。思うことと実行することの間には大きな川があり、それを飛び越えるのには余程の覚悟が要ります。


私の所に来るクライアントたちは、そうした人たちです。

“別れたい”でも、別れられない。川を越えたい。でも、越えられるだろうか。越えた向こうには何があるのだろうか?そうしたことで日々思い悩み、川岸にうずくまって悶々としている人たちです。

“こうしたら越えられますよ”“越えるのは止めなさい。危険ですよ”何でもいい。何か言って欲しい。うずくまっている状況を変えたいと願う人たちです。

変えたいのは分かっているが、どう変えたいのか分からない。あんまり考えていると、一体自分は何を望んでいるのかさえ分からなくなってくる。はっきりしているのはこのままではいけない、嫌だということ。うずくまっていてはいけないことだけです。


夏目漱石の「門」を読まれたことはありますか?主人公の宗助はそういう人です。“彼は門を通る人ではなかった。また門を通らないで済む人でも無かった。要するに、彼は門の下に立ちすくんで日の暮れるのを待つべき不幸な人であった”と漱石は表現しています。私は決断に困ったときどういう訳か、この言葉をよく想いだします。


パートナーとの関係はその人の人生の幸せを左右します。二人の仲が円満で家の中に笑いが満ちている家庭は、文字通り憩の場所であり、安らぎと活力を与えます。好き合った二人が一緒に暮らすのは当たり前のことで、努力など要らないと思っている人が多いかもしれませんが、一緒に暮らすのは簡単でも、幸せな関係を続けるのは楽なことではありません。ましてや、二人ともが満足のいく関係を維持するにはそれなりの努力が要ります。でも、幸せな家庭生活から得られるものの大きさを考えれば、努力するだけの価値は十分あります。


好きな人と家庭を築くことはゴールではありません。二人で歩む長い人生のスタート地点なのです。


カップルカウンセリングに来る人たちは、パートナーとの関係を大切に思う人たちです。いい加減にせず、逃げず、自分の人生を正直に、丁寧に生きて生きたいと願っている人たちだと思います。


2021年ももう直ぐ終ろうとしています。コロナの情況は昨年末よりはよくなりましたが、先はまだ見通せません。こんな時こそ、家の中に笑顔と安らぎが欲しいと思います。ブログをお読み下さった皆さんにとり新しい年は希望の年でありますように!小さな喜びが降り積むような幸せな年でありますように!心よりお祈りしています。


閲覧数:48回

最新記事

すべて表示

第十四回 私の一番重かった責任 子供の頃から80才の現在に至るまで色々な責任を負って来ました。 自分の部屋を掃除する責任。母が帰るまでにお米を研いでおく責任。今考えると大した責任ではありません。でも、子供の頃は忘れないようにと何時も自分に言い聞かせていました。学校でも、与えられた委員の役割に応じた責任がありました。これも今考えると大したことではありませんでした。 社会人になってからは会社で与えられ

第十三回 あなたはお冷やご飯をどうしますか? 温かいご飯のおいしさは日本人なら誰でも知っています。イタリアンやフレンチ、西洋料理でパンに慣れきった若者でもやっぱりご飯大好きという人は多いようです。でも、炊きたての美味しいご飯は時間とともに冷めてきます。翌日には完全に冷め切っています。冷えた残りご飯をあなたはどうしますか。もう冷たくなったからと捨てますか。勿論そういう人もいるでしょう。でも、多くは無

第十二回 異文化間カップルの直面する問題(その二) 愛情表現の違い 異文化間カップルの戸惑うひとつが愛情表現の違いのようです。関係を深めていく中で経験する情熱的な言葉やセックスなどはある意味素敵です。「一生こういう関係でいたいな~」と思うかもしれません。 ところがいざ一緒になり、時がたち、子供が生まれ忙しくなってくると、日本文化の中で育った女性や男性は子供や仕事が第一になりがちです。義務を優先する