吉池安恵ブログ 第四回

人は誰でも時々自分自身でコントロールの出来ない感情に襲われることがあります。


“腹が立ってぶん殴ってしまいたい”、“辛くて死んでしまいたい”、“あんな会社辞めてしまいたい”。大抵の人は一生の内一度や二度、そう思った事があることでしょう。でも実際にはなかなか殴れないし、死ねないし、辞められないものです。思うことと実行することの間には大きな川があり、それを飛び越えるのには余程の覚悟が要ります。


私の所に来るクライアントたちは、そうした人たちです。

“別れたい”でも、別れられない。川を越えたい。でも、越えられるだろうか。越えた向こうには何があるのだろうか?そうしたことで日々思い悩み、川岸にうずくまって悶々としている人たちです。

“こうしたら越えられますよ”“越えるのは止めなさい。危険ですよ”何でもいい。何か言って欲しい。うずくまっている状況を変えたいと願う人たちです。

変えたいのは分かっているが、どう変えたいのか分からない。あんまり考えていると、一体自分は何を望んでいるのかさえ分からなくなってくる。はっきりしているのはこのままではいけない、嫌だということ。うずくまっていてはいけないことだけです。


夏目漱石の「門」を読まれたことはありますか?主人公の宗助はそういう人です。“彼は門を通る人ではなかった。また門を通らないで済む人でも無かった。要するに、彼は門の下に立ちすくんで日の暮れるのを待つべき不幸な人であった”と漱石は表現しています。私は決断に困ったときどういう訳か、この言葉をよく想いだします。


パートナーとの関係はその人の人生の幸せを左右します。二人の仲が円満で家の中に笑いが満ちている家庭は、文字通り憩の場所であり、安らぎと活力を与えます。好き合った二人が一緒に暮らすのは当たり前のことで、努力など要らないと思っている人が多いかもしれませんが、一緒に暮らすのは簡単でも、幸せな関係を続けるのは楽なことではありません。ましてや、二人ともが満足のいく関係を維持するにはそれなりの努力が要ります。でも、幸せな家庭生活から得られるものの大きさを考えれば、努力するだけの価値は十分あります。


好きな人と家庭を築くことはゴールではありません。二人で歩む長い人生のスタート地点なのです。


カップルカウンセリングに来る人たちは、パートナーとの関係を大切に思う人たちです。いい加減にせず、逃げず、自分の人生を正直に、丁寧に生きて生きたいと願っている人たちだと思います。


2021年ももう直ぐ終ろうとしています。コロナの情況は昨年末よりはよくなりましたが、先はまだ見通せません。こんな時こそ、家の中に笑顔と安らぎが欲しいと思います。ブログをお読み下さった皆さんにとり新しい年は希望の年でありますように!小さな喜びが降り積むような幸せな年でありますように!心よりお祈りしています。


閲覧数:32回

最新記事

すべて表示

第六回 人間関係を表すことわざ 日本語には人間関係をあらわすことわざや慣用句が多くあります。昔から人々の間で使われてきた言葉はそれなりに意味深いものがあるな~と感心させられることも多々あります。私はセッションの中で時々それらを引用しますが、今回はその内の幾つかをシェアしたいと思います。 ○ 折り合いを付ける これは、交渉事などで、互いに譲り合って双方が納得できるところを探り、解決することをいい

明けましておめでとうございます。 コロナ下の新年、みなさんはどのように過ごされましたでしょうか? 大勢で集まることも憚られ、集まっても何となく後ろめたさを伴い存分に愉しめなかったいう方もいらっしゃるかもしれません。私も、家族がバラバラに集まり、時間を気にしながらというお正月でした。心の底から、楽しかった、嬉しかったという正月ではありませんでした。それでつい楽しかった子供の頃のお正月などを想い出して

カップルカウンセリングと聞いて、皆さんはどんなことを思われますか?最近色々なところで耳にすることがあるけれど…実際は何をするのだろうと疑問をお持ちの方も多いかもしれません。 ところで、日常的に使われているカップルという言葉は、正確には人間だけで無く物や動物などにも使われ、対になった一組のことをいいます。ダンスやゲームのパートナー、仕事の相棒など当然色々な組み合わせ、カップルがあるという訳です。ただ