吉池安恵ブログ 第七回

苦しい時に思い出して欲しい言葉


することなすことが思うようにいかず落込んだり、負のスパイラルに入ってしまい抜けられない時、何もかも投げ出してしまいたくなる時、いっそ、死んでしまおうかと思った時、ちょっと待ってください。こんな言葉を想い出して下さい。


○ 明けない夜はない

出所は色々言われていますが、イギリスの神学者トーマス・フラーの言葉

“It’s always darkest before the dawn.” (夜明けの直前は常に最も暗い)

が元になっているという説もそのひとつで、

「人生において、悪い状況ばかりがずっと続くわけではない。必ず夜明けが訪れる。夜明け前は一番暗い時」とう意味です。

同じような言葉で、止まない雨はない。待てば海路の日和あり。陽はまた昇る

などもあります。

これだけ色々な言い方があるということは、大変な思いを抱えている人か如何に多いかということであり、同時に、大変な時期は永遠に続くものではないという先人の経験値があるのだろうと考えられます。


○ 冬来たりなば春遠からじ If Winter comes, can Spring be far behind?

これはイギリスの詩人シェリーの詩からの引用です。今は冬のように苦しく、大変な状況であったとしても冬の次は春が巡ってくるように、何れ暖かくなり、幸せがやってくるという例えです。


○ 明日はあしたの風が吹くTomorrow is another day.

これはマーガレット・ミッチェルの作品で映画でも有名な「風と共に去りぬ」の最後の台詞です。

何もかも失って崩れ落ちた主人公が立ち上がりながら呟く言葉です。今日は今日。明日は明日。明日は今日とは違う新たな日がやってくる。明日に希望を託したポジティヴな気持ちが感じられます。


○ 雨が降るから虹が出る No rain, no rainbow.

これはハワイのことわざです。雨が降ったから虹がでる。つまり、辛いことを堪えた後だからこそ見られる喜びや幸せがあるという意味です。No pain, no gain. と言うのも同じような意味です。


これらのことわざはどれも同じようなことを言っています。苦しい時期は永遠には続かない。苦しみの後には必ず喜びがやってくる。苦しみを経たからこそ、得られる喜びがあるのだ。だから、今は辛くても絶望しないで、明日を待とうと言う気持ちです。


確かに、言葉は言葉にすぎません。具体的に何か助けてくれるわけではありません。でも、元気をくれる言葉に触れたり、口にすることで心は少し楽になり、明日を待つ気になります。

ネガティヴな言葉を聞き続けるのと、ポジティヴな言葉を聞き続けるのでは、心の持ち方が変ってきます。

古代、言葉には言霊が宿っていると信じられてきました。発した言葉通りの結果を現わす力があるとされてきたのです。明るい言葉、ポジティヴな言葉を口にすることで言霊の力で自分の運命を変えていくことが出来ると信じられてきたのです。

明るい歌を唄うと心が軽やかになり、暗い歌を唄うと悲しい気分になる。こんな体験は誰もがしていることではないでしょうか。

閲覧数:39回

最新記事

すべて表示

愛情表現の違い 異文化間カップルの戸惑うひとつが愛情表現の違いのようです。関係を深めていく中で経験する情熱的な言葉やセックスなどはある意味素敵です。「一生こういう関係でいたいな~」と思うかもしれません。 ところがいざ一緒になり、時がたち、子供が生まれ忙しくなってくると、日本文化の中で育った女性や男性は子供や仕事が第一になりがちです。義務を優先する人が多いようです。私の役目、僕の役目をきちんと果たす

言葉について 異文化をバックグラウンドとするパートナーと関係を結ぶ決心した人たちは、当然のことながら文化や習慣の違いがあることは知っています。自分たちの間で問題が起こるとすれば、その違いによるところが大きいのではないかと危惧し、心の備えもある程度あります。一方言葉については、現状では不十分かもしれないが、一緒に生活している間に互いに学び合うことが多く、何とかなるだろうと考えがちです。しかし、私の経

第十回   罪悪感について (その二) 人間の行動が無意識によって左右されることを最初に言い出したのは精神分析学の創始者ジクムント・フロイドです。彼は人間のこころを「エス(es)」「自我(ego)」「超自我(super-ego)」という3つの領域に分けて考えました。 エスというのは自分では意識化されることのない欲求や衝動を指し、心の中で一番原始的な部分です。快か不快かという「快楽原則」によって働く